お茶の歴史
お茶の歴史は、紀元前に中国に始まり、もともとは薬用として用いられ、後に嗜好品として広く飲用されるようになりました。
わが国における喫茶の風習は、中国より伝わり、もっとも古い記録では729年といわれていますが、茶の栽培が行われるようになったのは、鎌倉時代からで、宋で修業を終えた栄西禅師が、茶の種を持ち帰り、九州の背振山にまいたのが始まりとされています。
栄西は<喫茶養生記>を著し、茶の効用を広めましたが、その後、茶の湯の発達とともに、茶の栽培・製造は一層盛んとなりました。
しかし、江戸中期まではそれでもなお、茶は上流社会の飲料でしかなく、産地も宇治が中心であったということです。
静岡をはじめ、日本各地で盛んに茶の栽培が行われるようになったのは、横浜開港(1859年)によって茶が輸出されるようになってからのことです。

お茶の種類
お茶全般
発酵茶
(紅茶)
半発酵茶
(中国茶)
不発酵茶
(緑茶)
生葉をしおらせ、
蒸さずにもみ、
発酵させて乾燥。
ウーロン茶 包種茶 釜炒り製 蒸し製
生葉を日光にあて多少しおらせて一部酸化させて釜炒りする。香味は紅茶と緑茶の中間。 香味は緑茶に近い。ふつう花の香りをつける。 釜炒り茶
(露地栽培)
日本茶
(以下参照)

日本茶
番茶 玉緑茶 煎茶 玉露 かぶせ茶 碾茶(てんちゃ)
煎茶原料の生葉より硬化したものを使う。
製法は煎茶と同じ。
煎茶に比べて形が曲がって丸いもの。グリ茶ともいう。 日本系の大部分を占める。(お茶の出来るまでを参照) 高級茶で宇治、岡部、八女が主産地。 玉露と煎茶の中間の品質。 玉露と同じ葉を蒸して揉まずに乾燥したもの。
ほうじ茶 玄米茶 抹茶(まっちゃ)
番茶や煎茶を茶色になるまでほうじたもの。 番茶や煎茶に炒った米をまぜたもの。 碾茶(てんちゃ)を粉末にしたもの。
露地栽培 被覆栽培

茶つみ時期
● 一番茶 4月中旬〜5月30日

● 二番茶 6月1日〜7月31日

● 三番茶 8月1日〜9月10日

● 四・秋番茶 9月15日〜10月20日

お茶の製造工程
荒茶製造工程
▼生葉---4.5kg
蒸熱(じょうねつ) 約30秒 生葉に蒸気をあて、葉の中の酸化酵素の働きをとめ、緑色を保つ。蒸熱後、冷却して変色を防ぐ。
粗揉(そじゅう) 45分前後 熱風を送って、もみながら乾燥する。
揉捻(じゅうねん) 6〜8分 粗揉でのもみ不足を補うため強くもむと同時に、茶葉の水分を均一にする。
中揉(ちゅうじゅう) 25分前後 熱風で乾燥しながら、整形しやすいようにする。
精揉(せいじゅう) 25分前後 加熱して、水分をとりながら茶葉の形や色沢を整える。
乾燥(かんそう) 約30分 精揉後の茶は水分が13%もあるので、貯蔵性を高めるため6%ぐらいまで乾かし、香味を引き立たせる。
仕上げ茶製造工程
▼荒茶(あらちゃ)---1kg
ふるい分け 平行ぶるいで太さをそろえて、回しぶるいで長さを揃える。
切断(せつだん) 長形の茶葉を1〜1.5cmの長さに切り、揃える。
風選(ふうせん) 風力で茶葉を選別して重さを揃える。
木茎分離(もっけいぶんり) 静電気や光線などで葉や茎を選別する。
火入れ 水分を3%ぐらいまで乾燥し、茶特有の香味を作り出す。
合組み(ごうくみ)(ブレンド) 製品の均一化と消費者嗜好にあわせた調整、配合をする。
包装(800g)

お茶の上手な淹れ方
(1)使用するお茶の品質・特性を知る。

(2)水を選ぶ、必ず沸騰させる。

(3)お茶の分量、湯量、湯温の加減。

(4)煎出時間を調節する。

(5)最後の一滴までつぎ切る。


お茶の保存方法と買い方
『光線と温度と空気にご注意を』

湿気を防ぐ→気密性の高い容器に入れ保管してください。
小分けする→量が多い場合、茶缶に小分けして使いましょう。
冷所に保存→冷蔵庫入れる時は、ビニール袋に茶缶を入れて密封して下さい。

・外観(形・色)・香り・味がポイントです。使う目的を考えて、お店で見比べたり、試飲してお買い求め下さい。
・包装茶は、表示を良くみて選びましょう。